ミマモcafeについて

活動目的

ミマモcafeの活動は、みんなで一緒に子育てをする、という概念を基に

「そこに行けば誰かに会える」
「くつろいだ気分になれる」
「わが子も他の子も一緒に育つ」
「自由な空間で多様な生きた情報が得られる」

上記のような、乳幼児や子育て中の親、妊婦を対象にした、親子の居場所、多世代の地域住民との交流の場作りを目的としています。
これによって、ママたちが育児ストレスを溜め込み、鬱や虐待に発展することを未然に防ぎ、ママがお互いに助け合いながら、生き生きと過ごせる社会の実現に貢献しています。

活動を始めたきっかけ

実家が遠方で、周りにも友人がいない、孤独を感じたママ。
子育てを機に仕事を退職し、社会とのつながりが切れたように感じたママ。
そんな子育て中に壁にぶつかったママたちが、平成22年度の新宿子育て支援者講座の受講生を中心に集まり、自分たちの「あったらいいな」を実現し、新宿区で子育て中のママたちの居場所を作ろうと立ち上げました。
スタッフと利用者、という境目をなくし、みんなで見守る子育てひろば、という意味を込めて、「ミマモcafe」と命名しました。

活動内容

子育て中に特に孤独を感じやすい、集団保育に入る前の0~3歳の親子を対象に、利用者がお互いに子どもを見守りあい、ほっと一息つける居場所の提供のため、子育てひろばを運営しています。
その中で、ママがリフレッシュできる講座や、仲間づくりのきっかけとなる講座を開催しています。
現在は、新宿区河田町だけではなく、近くに子育てひろばや子育て支援団体がない、新宿区西早稲田にて、定期的に開催しはじめました。
また、新宿区の子育て支援イベントの運営にも積極的に参加し、ひろばや講座だけでなく、新宿区のママや子どもの居場所づくりを目指しています。

ボランティア募集について

ボランティアご希望の方は「新宿区社会福祉協議会」にて登録をお願いします
当施設では、地域の方や近隣の学生の方にボランティアで参加していただいています
ボランティアにご興味のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください